CHECK

ランドセル選びで迷っている方必見!後悔しない選び方などを徹底解説します!

このサイトではランドセルの選び方で迷っている人に参考になる情報を分かりやすく紹介していきますから、実際に購入するときに活用すると便利だと考えられます。
大体の費用相場も解説していきますから、購入をするときに必要になる予算なども把握しておくことが可能です。
購入する場合はどこで買うのがいいのかわからないかもしれませんが、販売店などについても特徴やメリットも含めて紹介するので購入する場所を選ぶときの参考にもなると考えられます。

ランドセル選びで迷っている方必見!後悔しない選び方などを徹底解説します!

ランドセルは小学校に入学するときに必要になりますから、幼稚園児などが存在する家庭では購入を検討しないといけないです。
6年間は使い続けることになりますから、その点も含めてランドセルは選び方が重要になるので、デザイン性もそうですが耐久性に優れている商品を購入するのが重要になります。
また本人が学校まで背負っていくのが楽しくなるような工夫がされているランドセルを購入するのも、大切なポイントになってくるはずです。

ランドセルはいつ購入すべき?ラン活を始めるベストな時期を解説!

ランドセルの商戦は年々早まっていると指摘されることも多く、次年度お子さんの入学を控えている保護者の方もその情報についてよくご存知ではないでしょうか。
もちろん、お子さんのためにできるだけ早くランドセルを選んでいきたいという気持ちは素敵ですので、いわゆる「ラン活」を開始するのに適した時期を考えていきましょう。
近年は、ご両親だけでなく祖父母も協力してランドセル選びを行っていくことも珍しくありませんので、親族が集まりやすい5月の大型連休にかけても各販売店で大規模なイベントが開催されることも多くなっています。
できるだけ早く選びたいと考えている方にとっては、この時期に開始すると余裕を持って納得のできる選び方ができると考えられます。
また、各社から商品が多く出揃うようになる夏休みからお盆の季節も、ランドセル選びが充実してできるシーズンです。
お子さんの休みに合わせて実際に背負わせてみて選ぶという方法も良いでしょう。
一方で、入学の数ヶ月前にまでなってしまうと、商品の残りが少なくなってしまうなどのデメリットがありますので、可能であれば夏までに開始することがベストと考えられます。

ランドセルの形状は大きく4種類に分けられる!

ランドセルと一口に言っても様々な種類がありますが、形状については大きく学習院型・キューブ型・半かぶせ型・横型の4種類に分けられます。
それぞれ一長一短があるので、ランドセル選びの前にそれぞれの特徴を把握しておきましょう。
学習院型は、最もスタンダードな形状で、背当てとヘリがあるのが特徴です。
背当てがあることでキズが付きにくく、ヘリがあることで型崩れが起きにくいというメリットがありますが、サイズや重量が大きいというデメリットがあります。
キューブ型は、学習院型からヘリを取り除いたタイプです。
学習院型の派生形で、コンパクトかつ軽量というメリットがありますが、キズが付きやすいとともに比較的高額になるというデメリットがあります。
半かぶせ型は、文字通りかぶせの部分が本体の半分ほどしかないタイプです。
留め金具が背面に付いており開け閉めがしやすいというメリットがありますが、荷物があまり入らない、ランドセルカバーが付けにくいという欠点があります。
横型は、横幅が広いランドセルで、ほとんどが半かぶせ型となっています。
個性的なデザイン・収納力が高い・中に何が入っているか見やすい・型崩れしにくいといったメリットがありますが、横型を禁止している学校も少なくないので注意が必要です。
また、学校のロッカーに収まらない可能性がある、低学年の頃はバランスが取りにくいというデメリットもあります。

ランドセルを祖父母が買う場合は母方と父方のどっちが正解?

ランドセルは両親ではなく祖父母が購入するケースも少なくありません。
となると、母方なのか父方なのかという疑問が生じてきます。
これははっきり言って正解というかしきたりなどありません。
決まったやり方がない分だけ、事前にしっかりと相談しておかないと結局はうまくいかなかったりします。
例えば母方と父方がそれぞれ購入した結果、2個になってしまったとか、お互いに相手が購入するものと思ってずるずると時間だけが過ぎてしまい、人気のあるランドセルは既に売り切れになっていたというようなことです。
もちろん予算面もあって、これもできれば話しておきたいものです。
最近では、ほぼ入学の1年前と言えるような5月とか6月くらいには翌年の新入生向けの商品が発売開始されていたりします。
別にその時期に買わないといけないと決まっているわけではありませんが、既に書いたように人気商品は早い者勝ちになったりしますから、これに合わせて動き始めるのが最も良いでしょう。

ランドセルを祖父母からプレゼントしてもらった場合のお返しについて

ランドセルをもらった時にお返しの品物を送るかどうかは、人によって意見が分かれる所です。
子どもが主役なので大人がお礼の品物を送らなくても良いという考え方もあれば、礼儀として必要だと考える人もいます。
ですが、どちらにしてもランドセルを受け取ったら、感謝とお礼の言葉を伝えることが大切です。
手紙や電話、LINEでも方法は何でも良いので、受け取ってからなるべく早く伝えるようにしましょう。
子どもから直接お礼を伝えられるようにするとなお良いです。
品物を贈る場合は、入学から1ヶ月頃が目安です。
相場としてはもらった物の半分から3分の1です。
高価な品物では逆に相手に気を遣わせてしまいます。
贈り物にはお菓子や日用品、カタログギフトなどが一般的ですが、身内のことなので相手の好みの物を贈っても良いでしょう。
ランドセルをプレゼントする祖父母は、自分の孫が元気に学校に通って欲しいと思っている人が多いです。
お返しを贈るのと一緒に写真を添えたり、学校での様子を伝えたりすると喜ばれるでしょう。

ランドセルに関する情報サイト
ランドセルの選び方

このサイトではランドセルの選び方で迷っている人に参考になる情報を分かりやすく紹介していきますから、実際に購入するときに活用すると便利だと考えられます。
大体の費用相場も解説していきますから、購入をするときに必要になる予算なども把握しておくことが可能です。
購入する場合はどこで買うのがいいのかわからないかもしれませんが、販売店などについても特徴やメリットも含めて紹介するので購入する場所を選ぶときの参考にもなると考えられます。

Search